グラビス・アーキテクツ株式会社

事業ドメイン

企業のシステムは一つの領域で成立しておりません。弊社は特定のシステムの固執せず、企業にとってどういうシステムが最適なのかを俯瞰してコンサルティングします。その為各チームにおいて少数精鋭の専門家が流動的にお客様に対応出来るような体制を取っております。

サービス方針

サービス内容

■ITシステムに関する構想・計画策定支援

■ERPに関するアセスメント・導入支援・利活用に関するコンサルティング(SAP・Odoo)

Odooに関する最新情報はこちらから

■CRMに関するアセスメント・導入支援・利活用に関するコンサルティングと開発支援(Microsoft Dynamics・Salesforce)

■ITのクラウド化への計画支援、導入支援(AWS)

■IoT、AIに関する構想構想策定支援

コンサルティングサービス内容

少数精鋭により、同じコンサルタントが一気通貫でコンサルティングを実施します。

標準原価を用いた管理会計高度化サービス

対象

標準原価計算を使った管理会計の導入をお考えのお客様
もしくは導入済みでも標準原価の信頼性や活用度が低いとお考えのお客様

効果

製造業における経営指標の可視化と製造改善活動への活用

サービス内容
  • テンプレートを用いた短期間での標準原価計算導入
  • 製造部門を中心とした製造関係者による標準原価の活用推進
標準原価を用いた管理会計高度化サービス
標準原価を用いた管理会計高度化サービス

在庫管理適正化サービス

対象

ビジネスアプリケーションによる在庫管理に課題をお持ちのお客様
例:在庫データと実在庫合わない、適正な在庫レベルの基準がない/わからない

効果

在庫管理の適正化
例:情物の一致、管理作業の省力化、余剰在庫の削減、在庫レベルの適正化

サービス内容
  • ビジネスアプリケーションによる在庫管理状況を診断
  • 診断結果に基づいた適切な改善施策のご提案およびその実現化をご支援
在庫管理適正化サービス

在庫運用精度の指標の導入。在庫データの信頼性を測るため定期的(実棚のタイミングなど)に情物の一致状況を計測する。

在庫管理適正化サービス

より効果の見込める領域で在庫適正化を推進するため在庫分析モデルで改善ターゲットを特定する。

在庫管理適正化サービス

調達業務改善サービス

対象

調達業務の改善にビジネスアプリケーションの活用をお考えのお客様

効果
  • 調達業務の生産性向上、標準化(内部統制対応)
  • 調達コストの最適化による費用削減
サービス内容

調達部門の業務で重要な下記3つの領域について現状分析~改善施策の立案~定着化までをご支援

調達業務改善サービス

部門全体の作業負荷の把握/分析をもとに、業務の生産性向上が期待できる領域を特定しより効果的な改善施策を立案する。

調達業務改善サービス

生産管理業務改善サービス

対象

生産管理業務にてビジネスアプリケーションを活用しきれていないお客様
例:担当者依存の納期管理、生産のボトルネックが見えない/管理できていない

効果

“生産ボトルネックの可視化/負荷管理”・”統制された納期管理”の実現による、納期遵守率向上・滞留在庫の削減・生産の平準化

サービス内容
  • ビジネスアプリケーションを活用した納期管理業務の改善
  • 生産ボトルネックの可視化/負荷管理の導入のご支援
生産管理業務改善サービス

生産フローにおけるボトルネック工程の負荷を可視化/管理し、生産計画の基準とする。
※負荷を均した生産オーダーの計画が、後工程も含めた精度の高い生産計画を実現する。

生産管理業務改善サービス

事例紹介

弊社のコンサルティング事例をご紹介いたします。お客様の各種業務領域の業務改善に貢献しております。

TOP