ITコンサルティングのグラビス・アーキテクツ株式会社(代表取締役:古見彰里 本社:東京都港区、北海道札幌市 )は、中堅・中小企業のDX支援を行う株式会社DXパートナーズ(代表取締役:村上和彰 所在地:福岡市 以下「DXパートナーズ」)とパートナーシップ(相互協力に関する覚書)を締結しました。

■DXパートナーズとのパートナーシップについて
DXパートナーズは、国⽴⼤学法⼈九州⼤学、公益財団法⼈九州先端科学技術研究所等を前身に2020年4月に設立された、「地方を中⼼とした中堅・中⼩企業のデジタル変革(DX) ⽀援」を行う会社であり、これからDX に挑戦しようとする「DX チャレンジャー企業」に対して「オープンDX」サービスを通して、その成功を⽀援しています。

※DXに必要なさまざまな優良リソースを提供する企業 (「DXサポーター企業」)の中から最適な企業のリソースを選択・提供する「DX ビジネスプラットフォーム」サービス

本パートナーシップにより、弊社は「DXサポーター企業」となり、弊社がこれまで中央省庁や地方自治体、製造業等の事業会社に対してDXを支援してきた実績(ICT(情報通信技術)戦略の策定支援や業務システムの最適化支援など)をもとに、より多くの中堅・中小企業や地方自治体のDX成功を支援していきます。

弊社は、「Local経済圏」への貢献を経営理念の1つとして掲げており、創業の地であり本社でもある札幌事務所や2020年4月に開設した福岡事務所等において、地方自治体や地方の中堅・中小企業に対してコンサルティング・サービスを展開しています。本パートナーシップを通じて、その活動を強化し、地方の中堅・中小企業や地方自治体のDXの加速、および、「Local経済圏」の生産性向上を推進していきます。

 

■株式会社DXパートナーズ
代表者   村上 和彰
〒810-0041 福岡市中央区⼤名2-6-11 FGN 内
URL    http://www.dxpartners.co.jp
国⽴⼤学法⼈九州⼤学、公益財団法⼈九州先端科学技術研究所、株式会社チームAIBOD、株式会社あしたの学びLabを前⾝に2020年4⽉1⽇に福岡市に設⽴。「DX の科学」と「オープンDX」の2つの⽅法論で、福岡・九州域を中⼼に、特に中堅・中⼩企業のDX の⽀援を実施している。

■グラビス・アーキテクツ株式会社
営業開始 2010年12月1日
代表者   古見 彰里
福岡事務所 〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2丁目8番18号天神パークビル906
東京本社  〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目20番5号
札幌本社  〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西2丁目11番-2
URL      http://www.glavisarchitects.com/
東京、札幌、福岡、大阪を活動の拠点とするITコンサルティング会社。公共セクターに対する「政策立案」「ICTを活用した業務改革」「調達改善」「PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)」に関するコンサルティングサービスを提供している。また、産業セクターに対しては、「AI/データアナリティクス」「ERPの企画・導入・定着化」「クラウド化支援」「業務改善等」の企業のデジタル化をトータルでご支援するコンサルティングサービスを提供している。
公共セクター、産業セクターともに組織の新陳代謝の促進、生産性の向上を通じて社会課題を解決していくことをミッションとしている。