ITコンサルティングのグラビス・アーキテクツ株式会社(本社:北海道札幌市、東京都港区)は、このたび、北海道発のGovTech専門のスタートアップである株式会社AmbiRiseと行政分野におけるDX(デジタル・トランスフォーメーション)の取り組みについて包括業務提携を締結し、グラビス・アーキテクツ代表取締役の古見彰里が、AmbiRiseの取締役として経営に参画します。

■包括業務提携について
「GovTech」は、テクノロジーを活用した政府や地方自治体における⼀層の業務効率化や、これまで存在しなかった新たなサービスを生み出す取組を指す言葉です。

また、GovTechはこれまで当たり前と思われていた「行政サービスを行政主体(行政からの委託)で提供する」のではなく「行政サービスにテクノロジーを活用することで持続可能なビジネスとして提供(補完)」するという、従来とは異なったアプローチによる取組も見られ、近年注目を集めています。

今後、行政サービスが一層限られた予算や人員のなかで多様化していくニーズに答えていくためには、このようなビジネスサイドからのアプローチによる取組が不可欠です。また、より効果的なものとするためには、行政サイドから制度や業務プロセスの変更といった取組と並行し、車の両輪で進めていくことが必要となります。

そこで、テクノロジーの活用によりビジネスとしてソリューションを提供するAmbiRiseと、行政コンサルティングにおいて実績の多いグラビス・アーキテクツの強みを組み合わせて新たな価値の共創を図ることで、車の両輪の取組を推進することが可能と考え、AmbiRiseと包括的業務提携を行うこととし、本日、合意に至りました。

また、上記業務提携とあわせてグラビス・アーキテクツ代表取締役の古見彰里がAmbiRiseの取締役として経営に参画いたします。

直近では、AmbiRiseが提供に向け準備を進めている、行政機関あて請求プラットフォーム「Haratte」について、グラビス・アーキテクツの顧客基盤を活用したサービス展開や今後予定している実証実験における行政事務効率化のコンサルティング支援などの分野で連携を進めていく予定です。

■AmbiRise 代表取締役 田中寛純氏のコメント
行政サービスが一層限られた予算や人員のなかで多様化していくニーズに答えていくためには、行政分野におけるDXの取組が不可欠であり、今後、その流れは一層加速していくと想定されます。
今回のグラビス・アーキテクツとの業務提携により、AmbiRiseのサービス領域である行政と住民・企業との接点分野におけるDXをより迅速かつ効果的に展開するとともに、行政組織の制度や業務プロセスのDXへの支援を並行して行うことが可能となることから、さらなる行政分野におけるDXの推進に寄与できると考えております。
同じ北海道・札幌発の企業として、共に手を取り合いながら、GovTechの取組や行政分野におけるDXを推進すべく取り組んでまいります。

■グラビス・アーキテクツ 代表取締役 古見彰里のコメント
人口減少・超高齢社会の到来により、生産年齢人口が急速に減少しています。現在のGDPを維持するためには、社会における組織、個人の一人当たりの生産性向上が必須であり、行政も例外ではありません。

組織内のDX(デジタル・トランスフォーメーション)だけではなく、地域経済との接点のDX、地域企業の生産性向上や地域経済の振興に必要なDXなどでデジタル化ニーズはまだまだ多く、むしろ手を付けられていないのが実状といえます。

今後、行政における事務の担い手も減少し、職員一人当たりの事務量は増加していくことが想定され、行政内事務の効率化やデジタル化は必須であるものの、「あれもこれも」でなく「あれかこれか」の選択と捨象が必要になってくると予測しています。
行政が本当に集中すべき分野、民間企業のサービスを活用してサービス向上を図る分野が生まれ、その後者を担う者としてGovTech企業の存在感が急速に増してくると予測しています。

AmbiRiseは行政出身の田中氏が5月に立ち上げたGovTech専門のスタートアップであり、氏の行政におけるサービス改善に向けた熱意や、DXに向けた行政事務、テクノロジー両面における深い知識に感銘を受け、グラビス・アーキテクツの目指す将来像と一致すること、また、お互いの得意分野をシナジーとすることが可能と考え業務提携に至りました。

AmbiRiseとの業務提携により、GX(ガバメント・トランスフォーメーション)を実現するべく、手を取り合って努力していく所存です。

 

株式会社AmbiRise
営業開始  2020年5月1日
代表者     田中寛純
HP           https://ambirise.jp/
株式会社AmbiRiseは、「テクノロジー×ビジネスで⾏政のあたりまえをアップデートする」をミッションに掲げ、⾏政分野でのサービスを開発・提供を⾏う、北海道・札幌初(発)のGovTechスタートアップ企業。

 

グラビス・アーキテクツ株式会社
営業開始  2010年12月1日
代表者     古見 彰里
HP           http://www.glavisarchitects.com/
東京、札幌、福岡、大阪を活動の拠点とするITコンサルティング会社。公共セクターに対する「政策立案」「ICTを活用した業務改革」「調達改善」「PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)」に関するコンサルティングサービスを提供している。また、産業セクターに対しては、「AI/データアナリティクス」「ERPの企画・導入・定着化」「クライド化支援」「業務改善等」の企業のデジタル化をトータルでご支援するコンサルティングサービスを提供している。
公共セクター、産業セクターともに組織の新陳代謝の促進、生産性の向上を通じて社会課題を解決していくことをミッションとしている。