ITコンサルティングのグラビス・アーキテクツ株式会社(札幌本社:北海道札幌市)は2020年3月2日より、札幌本社事務所長に四田耕三が就任致しました。

 ■札幌本社事務所長就任の背景 

より迅速な意思決定と業務遂行を目的として、札幌、東京両本社制に移行したところですが、更なる札幌本社の体制強化に向け、この度、グラビス・アーキテクツのディレクターである四田耕三(しだ こうぞう)(以下、四田とする。)が札幌本社事務所長に就任致しました。

四田は、15年以上のコンサルティング経験を有し、特に公共セクターの中でも地方公共団体の業務や情報化投資などに精通しております。また、2019年4月より政府CIO補佐官に就任しております。

四田の札幌本社事務所長の就任により、札幌を中心とした北海道の公共セクター、産業セクター双方のビジネス拡大だけでなく、日本全国の地方にこそ優秀な人材と優良なビジネスを創出されていくべき、という社会を目指し、新体制で臨んで参ります。

 ■札幌本社事務所長 四田の経歴

株式会社日本総合研究所にて金融系システム開発に従事。その後、KPMGビジネスアシュアランス株式会社、EY新日本有限責任監査法人にて主に公的分野におけるIT系コンサルティング、アドバイザリー業務等に従事。

2018年9月よりグラビス・アーキテクツに入社。2019年4月より政府CIO補佐官に就任。

 

■グラビス・アーキテクツ 札幌本社事務所長 四田のコメント

「地方が自律的かつ継続的に、個性を持って成長できる社会経済の確立に貢献したい」という基本理念に基づく札幌、東京両本社制への移行を契機に、基本理念の更なる広がりと深耕に挑戦し、東京からだけでなく創業の地である札幌からも尽力致します。

 

グラビス・アーキテクツ株式会社
営業開始  2010年12月1日
代表者     古見 彰里
札幌本社     〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西2丁目11番-2
東京本社        〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目20番5号
HP          http://www.glavisarchitects.com/
東京と札幌を活動の拠点とするITコンサルティング会社。「公共セクターに対する政策立案」「ICTを活用した業務改革」「調達改善」「PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)」に関するコンサルティングサービスを提供することで社会、公共セクターの生産性向上に貢献することをミッションとしている。近年では民間向けのビジネスとしてERPの企画・導入・定着化のコンサルティングサービス、IoTやAI、データアナリティクスを主軸とした導入サービスも実施。